大丈夫!?授乳中のクラビット服用

妊娠中の女性がクラビットを服用することによって、胎児にどのような影響があるかについては今だに判明していません。
万が一のことを考えて、妊娠中の女性には投薬を控える医師が多いため、臨床データ自体がほとんど存在していないのです。
クラビットの服用が原因で起こる副作用としては、発疹や下痢、頭痛、浮腫などが有名です。
ただし、ごく稀に、肝障害や腎障害、血液障害を起こす可能性がありますので、妊娠中の女性やこれから妊娠する予定のある女性は服用を避けるようにするのが望ましいです。
これらの副作用の場合、自覚症状が全くないケースが多いので、余計に慎重を期す必要があります。

気になってくるのが、授乳中の女性が服用してもよいかどうかという問題です。
口から摂取した薬剤の成分は、少量とはいえ必ず母乳に移行します。
そのため、授乳している赤ちゃんへの影響がどうなのかという問題を考慮する必要が出てきます。
医師によって見解が分かれているのが実情ですが、一般的には授乳中のクラビットの服用は避けた方がよいと言われています。
抗生物質と一口に言っても、ニューキノロン系やマクロライド系、セフェム系など、様々な種類があります。
クラビットはニューキノロン系に分類されるのですが、ニューキノロン系のものは他の系統の薬剤よりも母乳に移行しやすいという特徴があります。
母乳を飲んだ赤ちゃんにどんな悪影響があるかわかりませんので、クラビットの服用を断念するか、病気の治療期間中だけ人工栄養に切り替えるなどの工夫をする必要があります。

一般的に薬の血中濃度が最高値を示すのは、薬を飲んでから2~3時間経過した頃ですので、タイミングを見計らって飲むようにするという方法もありますが、最終的には主治医の指示に従うようにするのが最も望ましいと考えられます。